単語帳を使って英単語を勉強するのが効率的な学習法なの?

 中学・高校の時から、私は「新しく習ったばかりの単語にまたすぐ出会える」という体験がけっこう起こるなあ、と感じてきました。
Since I was in junior high and high school, I have been feeling that I can often encounter new words again soon after learning them for the first time.

習ったばかりの単語が、また別の状況で使われているのにすぐ出会えると、「あ、また出てきた!」といううれしい驚きとともに、その単語への親しみは一気に増すものです。
You will be pleasantly surprised, exclaiming, “Oh, I met this word again!”, if you encounter a new word again soon in a different context, and you will rapidly become attached to the word.

逆に、がんばって単語集を使って英単語を覚えようとしていても、「単語集には確かに載っているけど、でも実際に使われているのを見たことがない!」となると、果たして覚える意味があるものなのか、誰しも疑問に思ってしまうものです。
Conversely, however motivated you are to memorize words in word books, if you have never actually seen them used in real contexts, it is no wonder that you come to question the meaning of memorizing them.

ですので、新しい英単語を記憶に定着させ、かつそれに親近感を抱けるようになるためにも、生の文脈でその単語が使われている状況にたくさん出会えるようにしたほうがいいわけです。
So, in order to make new words take root in your memory and feel familiar with them, it’s better to have many chances to encounter those words in real situations.

で、実際にそうするためには、ある程度偶然に任せつつもある程度は出会いを狙っていく方法と、偶然を廃して完全に狙っていく方法とがあります。
There are two ways to do that; one is to aim to get those opportunities to some extent, leaving it to chance at the same time, and the other is to only aim, without recourse to chance.


一つ目の方法に関しては「単語を多く学びたかったら、単語集にかじりつくのではなくて、多く文章を読むこと!」ということです。
The former way is to “read as many passages as possible, instead of being obsessed with word books, if you want to learn more words”.

例えばこんな人がいます。単語集とにらめっこをして、一つの英単語に含まれている複数の意味までしっかり覚えて、これで英語は完璧!と思っている。
For example, some people stare at word books all the time, even memorizing not only the first meaning but also the other meanings of a word correctly, and think that their English is perfect.

でもそれは野球で言えば素振りだけしてもう球が打てる気になっているようなものです。
But that is just like feeling able to hit a ball after practicing swinging a bat in baseball.

もちろん素振りをすることにも大いに意味があるように、その単語学習自体にも大いに意味があると言えますが、実際に動いているボールを打たないような練習では、実戦では通用しません。
Of course, just as swinging practice by itself is well worth it, so learning from word books in itselfis well worth it too, but not practicing hitting a moving ball will get you nowhere in real games.

単語は、ちょうど野球に多くの変化球があるように、文脈の中でいろいろと意味が変化するわけですよね。
Just as breaking balls are used in baseball, the meanings of words vary from context to context.

「こういう文法パターンの中で登場してくる場合は、この単語はこの意味になる」とか、「ここまでの話の展開がこうだから、その流れからするとこの単語はこの意味になるはずだ」という具合に、揺れ動く意味を一つにしぼっていく作業が必要となるわけです。
So it is necessary to narrow the various possible meanings down to one, thinking, “This word means ‘this’ when it is used in this kind of grammatical structure” or, “Based on the development of the story so far, this word should mean ‘this’”.

野球でも、バットを振るのがうまければそれだけで打てるというわけではなくて、相手ピッチャーが持っている複数の球種のうち、「今はボールカウントが2-2だからきっと決め球のフォークでくるに違いない、もし甘く入ってきたらそれをすくい上げて長打を狙おう。もしも裏をかいてストレートだったとしたら、遅れ気味にスイングをしてファールで逃げよう」などと、可能性をしぼっていく判断力が必要なわけです。
In baseball, just being good at swinging a bat is not all it takes to hit a ball either. With all the types of pitches the opponent pitcher can throw in mind, you must be able to eliminate unlikely possibilities, thinking, “The count is now two and two, so he must throw his best pitch, a forkball.
If that is not sharp enough, I’ll scoop it up and make a long hit. If he sees through me and throws a straight, I can delay the start of my swing and foul it”.

ピッチャーの球種同様、英単語も複数の意味を持つものが多いですから、それらをどうしぼっていくのか、その練習をすることも、単純な単語の暗記練習と同様にきわめて重要なことです。
Just like there are various pitches, there are often various meanings in an English word, so practicing how to narrow the choice is just as important as the simple task of memorizing words.

単語集などで覚えても単語集以外で使わないと意味がないんですね。
Even if you memorize a word in a word book, it will be useless if you don’t use that knowledge somewhere else.

で、使わないと意味がないということで脳は忘れちゃう。ですので単語集以外でも英文に触れる機会を作っていくことが必要です。
Our brain forgets the word, thinking that if it’s not used, it must be useless. So it is necessary to have chances to be exposed to words somewhere outside of word books too.

↑「そんなに出来ないよ。」という声が聞こえてきますね。
↑I can almost hear you say, “That’s more than I can do”.

ですのでまずは自分が「この本なら」「この新聞のこの紙面なら」と、興味のある範囲に絞って触れていきましょう。
Then, you could start by choosing and reading those books or those pages of the newspaper that interest you.

そのあとで広げていくといいでしょう。
After that, you could explore further.

単語力は日本語でもそうですが、意識しないと広がらないものなのです。
As is true in Japanese too, you can never expand your vocabulary if you don’t try.

さて、偶然性を廃して、必然的に新しい単語に再度出会っていく方法の1つとしては、電子辞書の例文検索機能を使う、という手があります。
Now, one of the ways to meet new words again inevitably, removing any chance, is to use the example search function of an electronic dictionary.

電子辞書には、例文検索という従来の紙の辞書には絶対にまねのできないすばらしい機能があるので(すべての電子辞書が搭載している機能なわけではありませんので、そこは気をつけてください)、そのためにも出費を惜しまずに購入をお考えになることをお勧めします。
Electronic dictionaries have this useful function, that can never be realized by conventional paper dictionaries, (not all electronic dictionaries have the function, so please be careful), so it would be advisable to think of buying one regardless of the cost.

とりわけ、研究社の「英和活用大辞典」が収録されている電子辞書を購入すると、収録されている例文(またはフレーズ)の数が飛躍的に増えますので、なおさらよいです。
It would be even better if you choose those models that come with “The Kenkyusha Dictionary of English Collocations”, because the number of example sentences and phrases increases dramatically.

この例文検索機能を使えば、自分が新しく覚えた英単語の使われ方の実例を、他の例文を通してかなり豊富に学ぶことができます。
By using this example search function, you can get access to the rich stock of examples through which you can learn the actual usage of the new words you remember.

この際、初心者であればあるほど、こうして他の用例を学ぶうちに、また知らない新しい単語をその用例の中に発見することが多くなり、単語との出会いが増えてお得と言えます。
Here, the less time you have spent on studying English so far, the more likely you are to find new words in those examples, which gives you the advantage of increasing your exposure to words.

また、すでに知っている単語が多い人の場合であっても、知らない単語に関しての用例チェックは「二重」に意味があることです。
Also, even in the case of learners who have already learned quite a lot of words, it is “doubly” meaningful to check out the new usages of words, as well as learning new words.

たとえば、promote(~を促進する)という単語に初めて出会い、どんなふうに使われるのか知りたいと思って、例文検索をいろいろしてみたとします。
For example, suppose you encounter the word “promote” for the first time, and do the example search to learn how it is actually used.

そして、promote world peace という用例に出会ったとします。
And you find this example, “promote world peace”.

world peace (世界平和)というフレーズはすでに知っていたとすると、これは、①promote がどんな目的語とセットとなるのか、一つ例がわかった ということでもあり、かつ、②world peace がどんな動詞とセットなるのか、一つ例が分かった ということでもあるわけです。
If you already know the phrase, “world peace”, then this means, ①you found out one example of what kind of objects “promote” is combined with, and ②you found out one example of what kind of verbs “world peace” is combined with.

ただし、まともな電子辞書を買おうとすれば2~3万円台のお金が必要となります。
Please note that it would cost 20 to 30 thousand yen to buy a decent electronic dictionary.

それはけっこうな高額ですので、まだそこまではする気にならない、ということであれば、多少不便ですが他の手で済ますこともできます。
I know that’s quite a lot of money, so if you are not willing to do that yet, you could use some other means, even though it’s a bit less convenient.

それは、インターネット上で無料提供されている検索データーベースを使うことです。
That is, to search a database which is provided on the Internet for free.

その代表例はアルクの英辞郎です。
The best example is Eijiro on ALC’s website.

日本語をキーワードにしても、英語をキーワードにしても、そのキーワードが関連する英語表現がけっこうたくさんストックされています。
It has a quite large stock of English expressions available, sorted by both Japanese and English keywords.

アドレスはこちらです。http://www.alc.co.jp/
The URL is http://www.alc.co.jp/ .

また、インターネット上で無料公開されている辞書類はたくさんありますが、用例が豊富に載っている辞書というのはなかなか多くはありません。
Also, there are various dictionaries that are provided for free on the Internet. But there are not many that are rich in examples.

私自身が気に入っているオンラインの辞書は、Longman’s Online dictionary です。
My favorite online dictionary is Longman’s Online Dictionary.

例文を多く掲載し、かつ同意語との意味の違いについても比較的詳しく解説しているため、使いやすいと感じています。
I find it useful because it lists many example sentences and give comparatively detailed explanations as to the differences between synonyms.


アドレスはこちらです。 http://pewebdic2.cw.idm.fr/

サブコンテンツ

このページの先頭へ