子どもが体で英語を覚えるように英会話学校に行くというのは金の無駄遣い?

子供が覚えるように体で覚えるためにまずは 英会話学校に行こう
First, let’s go to English conversation school to learn through physical repetition as children do.

そう考えてしまう方は、言い換えれば、ネイティブの子供が英語を吸収し自分の血肉としていくその過程をなぞろう、と思っているのだと思います。
If you think that way, you think, in other words, that you are going to go through the same process of those native children making English an essential part of their existence by osmosis.

そして、英会話学校に行けば、ネイティブの先生が出てきて日本語なしの英語だけのシャワーを浴びせてくれますから、それにしたがってやっていけば、自分もネイティブのように英語を血肉にできる、ほんとうにものにできる、と思っているのだろうと思います。
Also you probably think that if you go to an English conversation school, native-speaking teachers there will shower English on you. That if you do as they tell you, you’ll be able to absorb English into your bloodstream and make it a natural part of yourself, just as they have done.

しかしそういう発想だと、現実問題、無理だと思います。あまりえらそうにものは言いたくないですが、はっきり言わずに誤解を与えてしまったらその方がよくないので、はっきり無理だと言わせていただきます。
But in reality, I have to say that that way of thinking won’t work.
I don’t want to sound arrogant, but as I understand that it would be terrible if I avoided clearly explaining, which gives rise to misunderstandings, I’d like to clearly say that it is impossible.

もしも15年くらい一言も日本語を話さず、英語だけの環境に囲まれて過ごすガッツがあるのならどうぞ。
If you had the guts to spend fifteen years or so in an environment completely surrounded by English without speaking a word of Japanese, that could work.

ネイティブの子供と同じように学ぶ、ということは、「英語だけ」の環境に 10 年 20 年もの間囲まれるってことですから。
Learning as native children do means spending ten to twenty years in an “English-only” environment.

ふだん日本語ばかり話す環境に囲まれているくせに、「ネイティブはこういう順番で英語を学習しています。だから我々日本人もそれに習うべきなのです」と主張するのはおかしいわけです。
It doesn’t make sense to insist, “Native speakers learn English in this order. So we Japanese people should imitate it”, ignoring the fact that we live in an environment where we only speak Japanese.

取り入れるべきところもありますが、違いも理解しなくてはいけません。
There is some truth to lend your ears to, but at the same time it is necessary to realize the difference.

英語のネイティブの人は英語ばかりに囲まれていますが、日本人は日本語ばかりに囲まれている、という違いは大きいですよね。
English native speakers are surrounded only by English, while Japanese people are surrounded only by Japanese, which makes a huge difference.

日本語ばかりに囲まれていながらも英語のネイティブスピーカーとして育った人なんていませんからね。
No one has ever grown up to be a native speaker of English surrounded only by Japanese.

日本語ばかりに囲まれていたら、たとえアメリカ人の子供であっても日本語のネイティブスピーカーにしかなれません。
Even a child born to American parents would have no choice but to be a native speaker of Japanese if he or she is surrounded only by Japanese.

だから、日本人が英語を身に付けていくためには、「日本語ばかりに普段は囲まれているのだけれども、それでも英語をできるようになる学習法」でなくてはダメなのです。
So, in order for Japanese people to learn English, it is necessary to use “a learning method for people who are usually surrounded only by Japanese”.

英会話学校に通うこと自体を否定する気はありません。
I have no intention of saying that there is no point in going to English conversation school.

自分のお金や時間の都合、好み次第では、行くことを選択することでおおいに英語向上に役立てることも可能です。
(もちろんやり方によっては、ただお金と時間をドブに捨てるような結果で終わることも同様にありえます、何度もご説明しましたように。)
If your budget and time permits, and if you want to, it is possible that English conversation school may greatly improve your English
(Of course, as I have explained several times, it is also possible that all the time and money you have spent may just go down the drain.)

サブコンテンツ

このページの先頭へ