英語学習の効果が50倍に!潜在意識を利用する方法

あなたはどのくらいの英語のレベルを求めてますか?
What level of English do you want to achieve?

生徒さんの中には「英語が上手になったら海外に住みたいです」とか「TOEIC で700点取ったら外資系に挑戦します」とか「今度の模試で偏差値60になったら@@大学受けます」という方がよくいます。
I often meet those students who say things like, “If I can improve my English, I want to live overseas”, or, “If I get 700 in TOEIC, I’ll try for a job in a foreign-affiliated company”, or, “If I get a deviation value of 60 or more in the next mock exam, I’ll try for @@ university.”

この上記のような考えをお持ちでしたらキケンです。
If you think the same way as those people, you should be careful.

「英語が上手になったら」「TOEIC で700点取ったら」「偏差値60になったら」たらたらたらたら。条件付けをする人は非常に目標達成が遅いです。なぜなら「たらたら」しているから。
“If I can improve my English”, “If I get 700 in TOEIC”, “If I get a deviation value of 60”, blah, blah, blah. People who always talk about “ifs” are very slow in achieving their goals because they never start doing things right away.

↑「何言ってるの?」と思いましたか?これも脳みそくん、特に潜在意識に働いてもらうためです。
Are you not sure what I’m talking about? I’m saying this to activate your subconscious

潜在意識ってとっても強力なんですよ。
The subconscious mind is really powerful.

例えば不登校の子供さんの中には学校に行こうとするとお腹が痛くなってしまう子がいます。
For example, some children who’ve temporarily stopped going to school start to have a
stomachache if they are forced to go to school.

これは潜在意識が拒否しているからです。
This is because their subconscious refuses to do so.

つまり、顕在意識(普段の私たちの意識)より潜在意識は強いんですね。
In other words, our conscious (our normal self) is stronger than our subconscious.

ですのでこれがかみ合わないとたいへんなのですが、逆に潜在意識と顕在意識がかみ合えばとてもすばらしい効果が得られるわけです。
So if these two things don’t work together, there’ll be big trouble, but if they do, it’ll produce a wonderful effect.

これをぜひとも利用したい。ここで潜在意識のおもしろい特徴を利用しましょう!潜在意識はなんと嘘とホントを認識できません。
This is something we definitely want to take advantage of. Here’s an interesting characteristic of the subconscious. Curiously enough, it can’t tell fact from fiction.

潜在意識と顕在意識は別物ですが、つながっています。
The conscious and the subconscious are two different things, but are connected to each other.

ですので顕在意識から「出来て当然だよ」というメッセージを送り続けることで少しづつ潜在意識に働きかけていくんですね。
So if the conscious continues sending the message, “I can do it, of course!”, to the subconscious, it affects the subconscious little by little.

ただあまりに強く念じると逆に「出来てないからこういう風に思っちゃうんだろうな」と潜在意識は判断しますので、「苦手意識は思ったほどない。それにちゃんと英語できるようになるさ」くらいに思ってください。
But if the message is too strong, the subconscious will decide, contrary to our expectations, “I’m forcing myself to think so because in reality I can’t do so.” So it’d be better to make it milder and say to yourself, “Actually, I don’t feel I’m so poor at English. I guess I’ll learn to speak it well someday.”

そしてちゃんと「うん、こういう風にやれば英語できるようになるな」と、このホームページでご説明していきますからね。心のそこから思っていただけると思います。
Also, in this homepage, I’m going to explain how you can definitely make progress, so I think you can become totally confident that you can make progress.

潜在意識のさらに面白い特徴は「変化を嫌う」ことです。
What’s even more interesting about the subconscious is that it resists change.

「新しい洋服でイメチェンしようかな」というときに「でも、やっぱ私らしくないかな」と踏みとどまってしまう。これはまさに潜在意識君の力なのです。
You may think, “I might try new types of clothes to change my looks.” but then, you don’t do anything, thinking, “Maybe that’s not me.” This is how your subconscious influences you.

「私は英語できないよ」と潜在意識は思っているかもしれませんね。
Your subconscious may think, “I can never master English”.

そんな潜在意識にいちばん強く働きかける方法はなんでしょう?それは「行動」です。
What affects the subconscious the most? The answer is action.

英語が出来ているように行動する。これがいちばんです。
It’s best to act as if you were good at English.

どういうこと?
What do I mean?

あたかもすでに英語が出来ているかのように行動するのです。「思うだけじゃなくて行動」ですよ。
I mean acting as if you already had a good command of English. Don’t just think. Act.

英語が出来る人はどうゆう風に「行動」するかなーと考えるわけです。
First, imagine how people who have a good command of English act.

で、それを実際にやってみる。英語が出来ると思えなくてもそういう風に行動してみる。
And then, put it into action. Act like them. Never mind if you don’t think you are good at English.

アイリッシュパブでビールを飲んでもいい。英字新聞を買ってきてコーヒーを飲みながら読んでもいいんです。すばらしいですよ。
You could drink beer at an Irish pub or get an English newspaper and read it over a cup of coffee. That’d be great.

そのなかで私が特に勧めるのが「音読」することです。
Among other things, I particularly recommend reading aloud.

先ほどの過程であなたの発音はとても良くなっていますから、自分の英語を聞くのが楽しいのです。
Since you have greatly improved your pronunciation through the process mentioned before, you can enjoy hearing yourself making English sounds.

そこで「音読」をすると楽しい×潜在意識がぐるぐる回りだす。というすごーくいい回転にはいれるんですね。
Then you can start reading aloud and get into a virtuous circle; of the feeling of joy, and your subconscious promoting each other.

サブコンテンツ

このページの先頭へ