普段英語を話す機会がある人におすすめのスピーキング学習方法

 ネイティブと自由なトピックで話すことができる機会がある、というのはかなりラッキーですね。
If you have a chance to talk with native speakers on any topic you like, you are very lucky.

相手が使う表現の中から、自分が今まで使ったことのない表現を取り入れて、積極的に自分も使うようにしていきましょう。
If the native speaker you are talking with uses phrases you are not familiar with, you should actively try to use them from next time on.

相手が使ったときにその意味を認知できる表現だからと言って、自分が話す際にそれを正しく使えるというわけではありませんから、まずは、「相手が使ったときにはちゃんと意味を理解できるけど、でも今まで自分が話すときには使ったことがない」表現を、「自分が話す際にも使ったことがある表現」に格上げするべく、意図的に会話の中で使ってみるように心がけましょう。
Even if you can understand the phrases the other person uses, it doesn’t follow that you can use them correctly when you talk. So it’s important to intentionally practice using them when you talk for the purpose of turning “those phrases whose meaning you can understand when others use them, but which you have never used when you talk” into “those phrases you have used before in conversation too”.

そうやって実際に使ってみることで、「よし、使えた!」という達成感とうれしさとともに、その表現が深く体に刻まれるはずです。
By actually using those phrases, you are filled with a sense of achievement and can get them firmly inscribed in your memory.

2・3回もうまく会話の中で自然に使うことに成功すれば、その表現は、「会話の中で使ったことがある表現」というレベルからさらに一歩上がり、「いつでも会話の中で使える表現」になるはずです。
Succeeding a couple of times in using them naturally in conversation, you will go up from the stage where you have at least used them once, to the stage where you can use them whenever you like.

サブコンテンツ

このページの先頭へ