英語を楽しむために絶対に押さえておきたいこととは

日本の伝統的文化を振り返っても、俳句とか和歌は、「音」がきわめて効果的に使われて、芸術的美しさを生み出している好例ですよね。
When we look back to Japanese traditional culture, we can find good examples of using “sound” extremely effectively to create artistic beauty, for example haiku and waka.

ただ自分の感動を伝えるだけだったら、5・7・5とか5・7・5・7・7・なんていうふうに制限を加えないで、いくらでも書いたっていいようなものですけど、そこはそういうものじゃないんですよね。
if we only want to describe how much moved we are, it may seem all right to write as much as we want, ignoring the 5・7・5 or 5・7・5・7・7 restrictions, but that’s not exactly the case.

5・7・5や5・7・5・7・7のように、決まった音がかもしだすリズムというのが、言葉の字面だけでは表すことができない深い趣を、俳句・和歌に与えてくれるわけです。
The rhythm created by the fixed number of syllables (such as 5・7・5 and 5・7・5・7・7) creates enables haiku and waka to deal with the subtlety of emotions that cannot be expressed outwardly by words.

英語圏で言えば、なんといっても Mother Goose(マザー・グース)がありますよね。
In English culture, we can find the equivalent of haiku and waka in the children’s story, “Mother Goose”.

あれは別に、長文読解でもやるかのように、文法構造を理解して日本語に訳して内容を理解してそれで終わり、ってものでは全然ないじゃないですか(笑)。
When we read Mother Goose, we are not supposed to learn its grammatical structure, translate it into Japanese, understand what it is saying, and then say we’ve done it!

べつに何か哲学的な深い思索とか、道徳的な教訓とかを伝えたいような内容じゃないですし、長文読解のようにやったんじゃあ、何も面白くありません。
Mother Goose is not something that tries to teach us some deep philosophical thought or moral lesson, and if we read it like when we solve reading comprehension problems, we can never find it fun.

声に出して読んで、その音のリズムを楽しむことにこそ、マザーグースの存在価値はあると言えます。
The true worth of Mother Goose lies in reading it out loud and enjoying the rhythm.

英語を楽しいものとするためにも、ぜひ「音」を大事にすることを忘れないでください。
If you want to enjoy studying English, be sure to keep in mind the importance of “sound”.

その上で、音以外にも、いろいろと英語をやるのが楽しくなるような、英語をどんどんできるようになりたい、と思ってくるような、きっかけがあるはずです。
With that in mind, you can also search for some other things that make English more enjoyable, and that can motivate you to try harder to improve.

サブコンテンツ

このページの先頭へ