効果的な学習方法で英語の勉強時間を短くする方法

リスニングと音読、というのは、英語の音に親しむ、そしてひいては英語自体に親しんでいくためのひじょうに大事な勉強項目です。
Listening and reading aloud are two important items to study to become familiar with English sounds and eventually, to become familiar with English itself.

ですので、それらをやること自体には、なにか問題があるわけではありません。
So, practicing them alone is not a problem.

しかし、それらに取り掛かる前に、ちゃんとやっておかなくてはいけないことがある、という自覚がない方が多いと感じざるを得ませんでした
But I can’t help feeling that a lot of people are not aware that there is one thing they have to do before working on them.

それが今述べてきた音を大事にするということなんですね。
That one thing is, as I have argued, to pay attention to sounds.

私は「意識的に無意識を打ち壊す」という方法を提案しています。
The method I have suggested is to “consciously break the unconscious”.

確かに、それ以外の方法として、ひたすら先入観なく、英語の音に耳を澄ます作業を延々と続ける、という手も考えられることは考えられます。
It is true that there are some other methods. For example, it could be possible to keep on listening and listening endlessly without having any preconceptions.

これは非常に幼児の学習方法に似ていると思います。幼児は周りの大人たちの発する音にひたすら耳を澄ませ聞き取り、それを口真似することで英語の音を吸収していくわけですから。これは英語は絶対勉強するなという方法でも言われていた方法です。
This is very similar to the way infants learn. They just listen attentively to the sounds adults around them utter, and absorb the many different ways to produce English sounds by imitating them. This is the method featured in the textbook “Never Ever Study English” too.

ただ、幼児と、すでに日本人として大人になっている私たちとでは、事情が違っている部分が当然あります。
But naturally, things don’t work the same way for us adult Japanese native speakers as they do for infants.

私たちはすでに日本語という言語を習得してしまっているが、ネイティブの幼児は、言語をまだ未修得の段階である、ということ。そして、ネイティブの幼児であれば、まだ単語の意味とかろくにわかりませんので、意味がわからないけれどもひたすら耳をすまして音をキャッチするしかない世界にいわば強制的に住んでいるわけです。
We have already acquired the Japanese language, but English native infants are still in the process of learning a language. Also, native infants don’t grasp the meanings of most words, so they have no choice but to listen for sounds even if they don’t understand what they mean.

周りの大人の話なんて、音は聞こえこそすれ、ろくに意味はわからないわけです。
Even though they can actually hear adults around them uttering sounds, they don’t really know what those sounds mean.

しかし、私たち日本人の大人はすでに、単語と言えば当然意味を含むもの、意味を理解するために存在するもの、という態度で持って生きるのに慣れきっています。
But we Japanese adults have already completely accustomed ourselves to living with the assumption that every single word is supposed to carry a meaning and is there for us to understand its meaning.

この状態にすでにある私たちが、意味を理解しようとする態度を捨てて、ひたすら「音」だけを聞くという作業をし続けるのは、人にもよるのかもしれませんが、かなり苦痛だと思います。
As we are already at this stage, it could vary from person to person but would probably be quite annoying, if we were forced to stop trying to catch meanings and just try to listen for “sounds”

これがきっかけとなって、英語学習がいやになることもありえるのではないか、と心配になります。英語教師として「理屈は正しいが負荷がきつすぎるだろう」と思う方法の一つです。ちなみにこの方法を試してダメだった生徒さんを何人も見てきました。
I’m worried some people might get sick of learning English because of this. This is one of the methods which is “theoretically workable but too demanding”. I have to add that I’ve seen a lot of students who failed in this way.

それに、ネイティブの幼児はまだ言語の音の体系を持っていない状態ですが、私たち日本人の大人は、すでに日本語の音の体系を身につけてしまっています。
Also, while native English infants haven’t acquired any linguistic sound system yet, we have already acquired our Japanese sound system.

日本語として言語を聞く習慣が確立されている状態で、ただひたすら英語を聞くことを繰り返したとして、どれだけその英語を英語として聞けるのかは、疑問が残るところです。
Now we are in the established habit of comprehending any linguistic sounds as Japanese, it is quite doubtful as to what extent we will learn to be able to catch English sounds as they are, however long we are exposed to English sounds.

すでに日本語の音の体系を持ってしまっている、というのは、何も持っていないネイティブの幼児と比べ、ハンディキャップであると言えます。
Compared to native English infants, who have no linguistic system at all, we are at a disadvantage in that we already have a Japanese sound system.

ですので、私としては、現実的な発音の学習方法としては、まず発音に関する学習本を通して、英語に存在する音の種類をすべて確認し、その上で、日本人にとっては区別がつきにくい音、発声が難しい音を中心に、「聞けるようになる」練習と、「自分で言えるようになる」練習とを同時に行っていく、というのがよいと思っています。
So, I have come to think that the most realistic way of studying pronunciation is to check all the existing sounds in English through a pronunciation workbook, practicing “listening for sounds” and “producing those sounds yourself” at the same time, putting emphasis on those which Japanese people find difficult to recognize or pronounce.

まずは、英語の音は違うということ、そして具体的にどう違うのか、違う音は何個あるのか、はっきりと確認することです。
The first step should be to clearly recognize the fact that English sounds are different, and the way they are different, as well as how many sounds differ from Japanese.

そうでないと、違いを学ぶどころか、違うということにすら気づけないという事態になってしまいかねません。
Otherwise, you’d never learn to recognize the differences, or, even worse, might end up completely ignorant of the existence of these differences.

英語の音は、まずは聞くのが先でいいですが、その後その音をまねる(発音の仕方が書いてあるでしょうから、その指示に従いましょう。最初は当然なかなか思うようにいかないでしょうが、誰でもそうなので、あせることはありません。)こともやっていくべきです。
When you handle English sounds, it is OK to start by listening first, but after that, it is also important to mimic the sounds too (Obey the instructions on how to make each sound. It won’t be so easy at first, but this is nothing to get upset about, because everyone feels the same way.)

漢字の勉強を思い返してください。読める漢字はけっこう多くても、いざ書くとなるとけっこううまくいかないことがありますよね?
Remember how you learned Chinese characters? You could read quite a lot of characters but when it came to writing them, wasn’t it rather difficult?

読めるのに書けない、とそういうことがふつうに起こります。しかし、「書けるのに読めない」ということはかなりまれだと思いませんか?
We commonly encounter Chinese characters which we can read but can’t write. But don’t you think it’s rare to be able to write a character which you can’t read?

それに、会話の中で実際に正しく自分で使える日本語表現なのに、他の人がそれを使ったときには意味が理解できない、などということは、起こらないと思いませんか?
Also, don’t you think it could never happen that you can’t understand Japanese expressions other people use if you yourself know how to use them properly in conversation?

もちろんその逆ならありえると思いますよ。
Of course, the opposite could happen.

他の人が使ったときには、だいたい意味はわかるけれども、自分には難しすぎて、自分自身がしゃべるときにはその表現は使えない、という状況はずっとよくありえることです。
It is much more likely that you can’t use certain expressions when you talk because they are still too difficult, though when other people use them you can roughly understand them.

このように、一般的に言って、「書けるものは読める、言えるものは聞いて理解できる」ということが言えます。
Thus, generally speaking, “You can read what you can write. You can listen to and comprehend what you can say.”

これは英語に関しても一緒であって、やはり「書けるものは読める、言えるものは聞いて理解できる」と言えます。
This is true of English and “You can read what you can write. You can listen to and comprehend what you can say.”

ですので、英語の音を聞いて、日本語には存在しない音に耳をならし、日本語の音との違いを理解していく過程では、ぜひとも自分自身でその音を出すことができるようにする練習も取り入れるのが効果的です。
So, while you are in the process of listening to those English sounds that don’t exist in Japanese and getting accustomed to them in order to realize the differences between English sounds and Japanese ones, it is effective to practice producing those sounds by yourself.

インプットは楽、アウトプットは努力が必要ということですね。
Inputting is easy, but outputting requires effort.

アウトプットが大切な理由は他にもあります。
There’s another reason why outputting is important.

また脳ミソくんの話です。
This is about our dear old brain again.

脳も楽したいという話は先ほどしましたね。
I talked about how it wants to slack off.

忘れるというのはその作用の一つです。
Forgetting is one example.

ずっと覚えとくのはたいへんだから忘れてしまうです。
It couldn’t be bothered retaining things for good, so it just forgets them.

脳ミソ君がその記憶を持ち続けてくれるには、「これは必要だよ」ということを知らせてあげればいいんです。
In order for our dear old brain to retain those things, we have only to let it know that they are necessary.

どういうこと?
What do I mean?

つまり、あなたが口から出すことによって脳は「あ、なんだこれ使うんですか。いやあ、雑音かと思ってましたよ。ちゃんと必要な音リストに載せておきますね。」ということでその音声を頭の中にとどめるようになるんです。
What I’m saying is, by uttering sounds, you can make your brain retain those sounds, realizing “Oh, you want to keep this information? I thought it was just noise. Then I’ll put it on the necessary sound list.”

さらに次回から、同じ音声を聞くと「あ、これ必要な音声リストに入ってるな」と反応し、邪魔な音声として排除しなくなりますし、一つの大事な音として受け入れてくれるようになります。
Also, from the next time it hears the same sound, it understands that the sound is on the necessary sound list and accepts is as a meaningful sound instead of removing it as noise.

ですので、リスニングにも良い影響がでるわけです。
This is why outputting improves listening comprehension too.

スピーキングはたいへんですが、得るものも大きいというわけです。
Speaking requires effort, but it’s not for nothing.

子供は数年間ひたすらインプットを受けます。まともに文章が作れるのは幼稚園くらい(まだかな)だとしましょう。5年くらいでしょうか。
Children only receive information input for a few years. Let’s say that they start making proper sentences when they go to kindergarten (though it could be a little later). Then, that stage is going to be only four or five years.

大人のあなたが短い期間で英語を習得するにはアウトプットを有効に使う必要があります。
For an adult like you to acquire English skills in a short time, it is necessary to effectively use outputting exercises.

アウトプットのほうがインプットより効果が高いのでこれを意識的に優先して使うことによって英語習得期間を縮めていこうというわけですね。
Outputting has a greater impact than inputting, so trying to give more priority to outputting exercises shortens the time it takes to acquire English skills.

サブコンテンツ

このページの先頭へ