音読は大切!その理由と具体的な音読の方法とは!?

結論からいいますと、音読はじつは先ほど述べた二点に加えてリーディングの向上に役立つという効果があるんですね。
To put the conclusion first, in addition to the two points mentioned, reading aloud has the advantage of improving your reading skills too.

たとえばふつうに英文を読むときには、後ろに行ってみたり前に行ってみたり、また後ろに行ってみたりと、初級者ほどいそがしく行ったりきたりする必要があります。もちろんそれは理想を言えば望ましいことではありません。
For example, beginners especially have to go back and forth when they read an English passage in their own way. Of course, that’s far from ideal.

なぜなら、行ったりきたりせず、前から読んで、文末まで読み終わったとき、そのままスッとその文の意味が理解できている状態になるのが理想ですよね。
If you read in an ideal way, you start from the beginning, straight through to the end of the passage without going back and forth, and you get the meaning of the passage straight away.

特にリスニングをするときや相手の英語を聞き取るときはいつだって、前から聞いて、すっとそのまま理解していくしか手はないわけです。
Particularly when you practice listening, or you listen to someone who speaks English, you have no choice but to start from the beginning, go straight to the end and get the meaning.

前から聞いて、相手が話し終えたときには、相手の意味することが頭にすっと入っていなかったら、こちらも応答のしようがないですし、会話が続かなくなってしまいます。
If you go from the beginning and get what the other person is trying to say when they finish, you don’t know how to respond and that’s the end of the conversation.

でも、これはゴールです。だから、英文にまだ慣れないうちは、行ったり来たりしながら少しずつ意味がわかってくる、という状態でいいんですよ、もう全然。
But this is your goal, so for now, if you’re not used to reading English yet, it’s totally ok to go back and forth and understand bit by bit.

慣れないうちは、そうやって時間がかかってもいいですから、正確に理解できるようにすることが重要です。
While you are not used to it, the most important thing is to try to understand correctly, even if it is slow.

ただし、ゴールに向かっていかないといけませんよね。
But at least you should be conscious of the goal.

音読をするとその点強制的に前からすすんでいきますので、もう前後とか絶対できないわけです。
In this respect, reading aloud forces you to go straight ahead without going back and forth.

ここで、内容と文法がわかっている英文を読みましょう。
At this stage, before starting to read a passage aloud, you should check its contents and grammatical structure.

音読をしている間は最初はまず音声に集中してください。で、すらすらよめるようになるまで10回くらい読む。
When you read aloud, try to concentrate on sounds. First, read it ten times and see if you can read fluently.

10回で読めなかったら20回。それでもダメなら30回。CD の音声を完全にまねできるようにしていきます。
If ten times was not enough, you can try twenty times. If that doesn’t work, then thirty times. Try to imitate the CD’s pronunciation completely.

これくらいになるとあまり意識しなくても音がうまく出せるようになるので意味のほうに意識がむいてきます。
After you’ve done this, you’ll be producing the sounds well without having to pay much attention to them. So now you can focus more on the meaning.

こうなるとすでに内容はわかってますので「自分はこういうことを言ってるんだ」と自覚しながら英語をしゃべることになります。
As you already know the contents, you can pronounce English, conscious of the meaning of what you’re saying.

↑これが英語でしゃべれるっていう感覚なんですよ。
↑This is how you feel when you can speak English in a true sense.

「えー、英語でしゃべってても日本語で考えてるんじゃない」と思ったあなた、「I am a boy. This is a pen.」としゃべりながら「私は少年です。これはペンです。」と思ってください、同時に。
You may think, “Oh? Isn’t it just thinking in Japanese while speaking English?” Well then, can you say “I am a boy, this is a pen”, and think, “Watashi wa shonen desu, kore wa pen desu” at the same time?

無理でしょ?
Impossible, isn’t it?

よく「日本語で考えながら英語をしゃべってしまいます」という方がいますが、正確には「日本語で考えて超高速で英作文してからしゃべってます」ということなんです。同時じゃない。
I often hear it said, “I speak in English while thinking in Japanese.” but to be exact, it’s “I think in Japanese, make English sentences really quickly, and then say them.” It’s not simultaneous.

これってすごく大切なことですよ。
This is extremely important.

実は別々なんですね。違う言語の場合同時に行うことは出来ない。
Actually, you can only think separately, not in both languages at the same time.

でも同じ言語でしたらしゃべっていることとは違うことを考えるということが同時に出来るようになるときがきます。
But if you stick to just one language, you can learn to say something and think about another thing at the same time.

それがあなたがその言語を体で習得したときです。 したときです。どういうことか説明しましょう。
This is when the language has actually been absorbed into your bloodstream. Let me
explain.

日本語であなたが友達と話していたとしましょう。でも実は明日朝から予定があって早く帰りたい。そいうときあなたは「ねー、今度ケーキバイキングいきたいねー」とかいいながら「ああ、今お店出て山手線の10時3分に乗れればあの座れる電車に乗れるなあ」と考えていたりします。
Let’s say you are talking with your friend in Japanese. But you have something to do tomorrow morning and actually want to go home soon. In this situation, you may say, “Yeah, I’d really love the idea of going to an all-you-can-eat cake buffet”, but think “Oh, if I left right now and catch the10:03 Yamanote Line, I could transfer to that train which always has vacant seats.”

実はこれってすごい難しいことなんですよ。
In fact, this is a really difficult thing to do.


つまり、スピーキングに難しさを感じずきちんとしゃべり、頭の中でもまた難しさを感じずに別の内容を考えているということです。
This means that you have no difficulty saying what you want to say properly and thinking about something else at the same time.

もっとわかりやすく言うとですね、同時に二個英作文つくっていることになります。しかも超高速で何も意識せず。
In other words, it’s doing two English compositions at the same time, extremely quickly, and casually.

これは一つ一つの作業に難しさを感じていたら100%できません。
This would be 100% impossible if you had any difficulty in handling either.

それくらいその言語に親しんだということなんですね。
This goes to show how the language has become part of you.

サブコンテンツ

このページの先頭へ