発音記号がわかれば単語の綴りも耳からわかるようになる

さて、発音記号の数は、人によって分類に多少差があったとしても、大体30個くらいでおさまるものです。たったの30個ですからねえ。
Different systems list different numbers of phonetic symbols but all of them come to
approximately 30 symbols. Only 30 symbols.

しかもそのうちいくつかは日本語とおなじですんで実際意識しないといけないのはもっと少ないのです。
On top of that, some of the symbols are pronounced in the same way as in Japanese, so in fact there are even fewer symbols which you have to be careful about.

それらを徹底的に意識する練習をするといっても、ちゃんとはっきり終わりが見えている作業であり、すべての音をまず一通り確認するということだけなら当然1日あれば終わることなんです。
When you practice so that you can fully recognize those sounds, that’s really a limited amount of work and you can clearly see when you are going to finish it. Surely it doesn’t take more than a day to check through all the sounds once.

しかし、そうやってそれぞれの音の違いを一度意識したくらいではまだまだ定着しませんから、少しずつ無意識化していくようにするために、一週間くらいはかけてじっくり挑んだらいい、ということなんです。
But just giving all the sounds the once-over is not enough to get a firm grip of them, so, to make it an unconscious process, you should take a whole week and work on it thoroughly.

M 君が一週間で音が聞こえるようになった、というのも、こういう過程を踏んだということなんです。M 君の場合はそれにより、今までの知識が一気に花開いたというわけですね。
It was through this process that Mr. M learned to recognize English sounds in a week.
In his case, all the knowledge that he had accumulated before that bore fruit thanks to this process.

英語の音を雑音や日本語の音ではないと意識する
Recognize English sounds not as Japanese sounds or noise.

リスニングで実際に聞いてみて違いを理解する。
Actually hear the sounds and realize the differences.

自分で発音してみることにより、さらに脳に「これは英語のために必要な音だよ」と刷り込ませていく
By pronouncing them, gradually convince the brain that these sounds are necessary for English.

聞けるようになってきた
Now he can recognize English sounds as they are.

(英文を聞いたときに一回で吸収できる量が増えていく)
(the amount of English he can listen to and comprehend increases)

音読練習で口から英語がでるようにする。今までの知識をアウトプットする練習をする
By reading aloud, tries to use his own mouth. Practices outputting what he has learned.

しゃべれるし聞ける、理解できる!
Now he can speak, listen, and understand!

あなたもこのような道を必ずたどれます。あなたは日本人のこれこそ9割ははまっているといわれる 罠そして壁に今きづいているのです。M君にとっては見えない壁だったものです。
I’m sure you can follow the same process too.You are now aware of the trap, the barrier that is said to prevent nearly 90 % of Japanese English learners from going forward, which was invisible for Mr. M.

おそらく彼の勉強を数年にわたってくじいていて、ほうっておけばそのままだったのかもしれません。そして M 君はその間に留学に300万円も使ってしまったのです。TOEIC810 点を留学前に彼はすでに持ってましたから、50点しか効果はなかったのです。
Probably that was what had hindered his progress for several years and if that hadn’t been removed, he would have been totally stuck there. Meanwhile, Mr. M had spent as much as 3 million yen studying abroad. His TOEIC score before that was already 810, so studying abroad made the difference of only a 50 points improvement.

どれだけもったいなかったかわかりますよね。
I think you will all agree what a waste of time and money that was.

ちなみに、私は「あ」っぽい音は3つか4つと書きましたが、それも個人差というか、学者差(笑)と言いましょうか、論じ方によっては3~5個の間でぶれるものだと思います。
Ah, by the way, I said there are three or four “a”-ish sounds in English, but that varies from person to person, or rather from scholar to scholar. The number could fluctuate from three to five, depending on how they argue.

その一週間(2週間やればかなりの効果が得られます)の後は、特に発音練習用というわけではない自分の好きな英語教材の CD なり、その他の生の英語を聞いていくわけですが、その際はもちろん、発音を知らない単語が出てきたら、きちんと辞書で発音記号をチェックする、ということを習慣づけていきましょう。特に最初のうちはね。で、発音してみる。
After that week (If you go on for two weeks, you’ll experience a considerable difference), you don’t have to stick to pronunciation practice books but can listen to your favorite textbook’s CD or listen to real English in some other way. In doing so, you should try to get into the habit of looking up words you don’t know in a dictionary and check their phonetic symbols, particularly at an early
stage. Then pronounce the words yourself.

↑あ、いま「めんどくせー」って思ったでしょ(笑)
You thought, “That’s a pain in the neck”, didn’t you?

最初のうちからきちんと意識的にそうするようにしていれば、だんだんそれが習慣化しますし、ちょっと面白いことがおこるんですよ、実は。何だと思います? はじめてみた単語を面白いくらい発音に関して当てられるようになりますよ。いくつかの単語をこなしていくうちに、音に関しての勘がさえてきます。
If you make a conscious effort to do those things properly from the beginning, it will gradually become a habit, and also, something interesting will happen. What do you think that is? You’ll be surprised to find yourself correctly guessing the pronunciation of words as you first encounter them. After working through several words, you can develop a feeling for English sounds.

これは自然に起こってくることで、人間の持ってるパワーを引っ張り出す方法だから体験できることです。
This comes naturally, and you can actually experience it because this is a way of drawing out the best of your potential.

先ほど紹介した英語耳のなかできちんと理屈で説明もされていますが、その前に体でわかるようになります。
A logical explanation of this process is given in the pronunciation training book I mentioned, but you can actually feel it without reading it.

もちろん英語は発音とスペルが一致しないことで有名ですのではずすこともありますが、かなりの確率であたるようになりますし、イントネーションもとても良くなりますよ。
Of course, it is widely known that English is a language in which sounds and spellings don’t correspond to each other, and you can’t always make correct guesses, but you’ll be able to guess correctly quite often, and your intonation will definitely improve.

辞書にはちゃんと発音記号が書いてあります。アメリカ英語とイギリス英語とで発音が異なる場合には、発音記号もアメリカ英語用とイギリス英語用の2種類に分けて書かれているのが通常です。
If you look at a dictionary, it shows phonetic symbols. In the cases where American English and British English have different pronunciations, the phonetic symbols for both are usually listed separately.

日本の市販の教材から手に入る音声は多くの場合アメリカ英語なので、アメリカ英語の発音記号を書き込むことが多くなるとは思います。
Textbooks available at bookstores usually adopt American English, so you’ll be more likely to write down the phonetic symbols for American English.

できるならその音声がどのタイプの英語なのかを確認した上で発音記号を書いたほうがいいでしょう。
If possible, it’d be better to check which English it is before writing down the symbols.

この作業も慣れてくるにしたがってやらなくてもだんだん音がわかるようになってきます。そうなったらあなたが音をものにしてきた証拠です。
The more you get used to doing this, the better you’ll be at guessing sounds without checking symbols. That’s the proof that you have got the hang of it.

それでもたまにチェックして、適時実力をみがいていきましょう。
Even after that, you should check sometimes and improve your skills.

サブコンテンツ

このページの先頭へ