英語を話す友達がいない、仕事で英語を使わない人向けの練習方法

あなたの英語環境を改善しましょう
Let’s create a better environment for studying English

「そもそも私はネイティブの外国人が身の回りにいるわけではない、会話をすることなんてほとんどない」という方も多いと思います。
I suppose many of you would complain “In the first place, I have no native speakers around me and almost never speak English”.

多い、というより、おそらくこれをお読みになっている方のほとんどが、まわりには別にネイティブの人はいないし、ふだんから英語を話す機会があるわけではない、という境遇なのではないかと思います。
Many, or probably most, of you are in a situation where you have no native speakers around you and usually don’t have any chance to speak English.

かといって、何も心配なさることはありません。なぜなら、それがふつうですから。
But this is nothing to worry about, because that’s just normal.

先ほど述べたサイトなどをつかってどんどん親しんでいけるわけです。
You can get more familiar with English, for example, by using those websites mentioned previously.

ではここからは特にアウトプットに関して話していきたいと思います。
Now, from here, I’d like to focus on outputting.

まわりにネイティブ まわりにネイティブの人はいないし、仕事でも英語は使わない、だから英語を話す機会はないという人の場合
In the case of those who have no native speakers around them and don’t
use English for work, therefore having no chance to speak English

それがふつうです。ですので別に有利ではありませんが、不利でもありません。
That’s just normal, so you have no advantages, but no disadvantages either.

不利なわけではないのですから、「私は英語を話す機会が日常生活ではまったくないから・・・」という言い訳をしてしまわないようにしましょう。
Since you are not at a disadvantage, you should avoid making excuses like “I have no chance at all to speak English, so…”.

英会話の能力は、別にネイティブと会話をする以外に伸ばす方法がないわけではありません。
It’s not that there is no other way to improve your skills to talk in English than to talk with nativespeakers.

自分ひとりであっても英会話力を伸ばす訓練を着実にしていきましょう。
Let’s try to think what you can do alone to improve your skills.

その方法というのは、例えば、通勤や通学の途中に、人を見てはその人の社会的ステータスを想像して勝手にその人の紹介文を英語で考えてみたりとか、実際にその人がやっている動作を英語で表現してみたりする、ということです。
For example, when you commute to work or school, you can imagine the social status of someone who catches your eye and make English sentences to introduce them, or you can describe what they are doing in English.

また、他人の行動だけでなく、自分がやっていることを英語で表現してみようとするのも効果的です。
Besides what other people are doing, it is also effective to describe what you are doing in English too.

そんなことかと思ったでしょ(ギクリ)?ならばやってくださいね。絶大な効果があります。結構たのしいですよー。
Did you think “Oh, that’s it? So simple.”? Then, you have to put it into action. It’ll work a miracle,and you’ll find it a lot of fun.

当然何と言っていいかわからない表現が出てきたり、考え付きはしたものの正しいかどうか自信がなかったり、という場合はあると思います。
Of course, sometimes you may not know what to say in English or may not be sure if the expression you have come up with is correct.

そのときには、電子辞書を持ち歩くようにして、すばやく例文検索などで調べましょう。
In that case, you should carry an electronic dictionary with you and check, for example with its example search function.

自分のオリジナルの発想で表現を作った場合は、それが本当に英語として正しいのかどうかはわからないですよね。
When you make up expressions by thinking from scratch, you never really know if they are correct or not.

自分がそうやって思いついた表現だということは、またその表現を使いたくなる可能性が十分にあるので、その表現が「本当に自然かなー」と例文検索してみましょう。
Considering that those expressions are ones that you have come up with on your own, it is highly likely that you will want to use them again next time, so let’s use the example search function and see if they are really natural.

なぜ電子辞書を引く際に和英辞書の機能ではなく例文検索の機能を優先的に使うかと言えば、和英を引いても役に立たないことが多いからです。
Why is it better to use the example search function than it is to use the Japanese-English dictionary function in an electronic dictionary? Because Japanese-English dictionaries often turn out to be useless.

日本語をなんとかいちおう英語にしてみました、という感じの不自然でぎこちない表現が多く掲載されているので、和英辞書は使いにくいです。
They are hard to use, because they translate Japanese into English-looking English and list so many unnatural phrases.

使用するのは、英語で何て言うのかまったく見当がつかないときだけにし、そしてその場合でも、あくまで参考にするだけにとどめましょうね。
You should use them only when you can’t come up with any English words at all. Even then, you should just use them to get some hint and shouldn’t entirely depend on them.

望ましくは、和英で引いて見つかった表現を英和や英英で引きなおしたり、例文検索にかけてみて実際どう使われているか調べたりして、その妥当性を再確認するべきです。
Preferably, you should confirm how good the results you get in those dictionaries are. For example, you should look up the phrases you find in Japanese-English dictionaries again in English-Japanese dictionaries or English-English dictionaries. Or you should check them on the example search function to see how they are actually used.

私は中学・高校時代通っていた塾で、和英で引いたものは少なくとも英和では引きなおして確認する、ということをやるように指示されていました。
In the cram school I went to when I was a junior high and high school student, they taught students to confirm what they got in Japanese-English dictionaries by using an English-Japanese dictionary at least.

もう一つはですね、自分で鏡に向かってしゃべるんですね。一人二役で。
Another thing you could do is to talk to yourself looking in the mirror, playing the roles of two people at the same time.

この場合大体何を言おうか最初は考えているのですが、だんだん即興でやらなくてはいけなくなってきますので、瞬発力がつきます。
When you do this, you can prepare things to say in the beginning, but gradually you’ll have to think what to say as you talk, so this’ll be good training for improvisation.

感情をこめてやってください。ジェスチャーも入れるとたいへん効果的です。
Don’t hesitate and do it with feeling. It would be very good to use gestures as well.

ただはたから見るとド変態です。私は自宅でやっていて親に心配されたことがあるので気をつけてくださいね(笑)。
But if people look at you, they’ll think you are a freak! I was practicing this once at home and my parents saw me and got worried, so you should be careful!

サブコンテンツ

このページの先頭へ