英語の文章は読めるけど英語の音が聞こえない場合どうすればいい?

 これは中級者向けのアドバイスとなります。
This is a tip for intermediate students.

英語学習者向けのテキストに収録されているような、きれいな英語でたくさん英語を聞く練習をしてきて、英語独特の音もかなり聞けるようになってきている、という方をイメージしています。
The students we have in mind are those of you who have practiced listening a lot to such clear English as you can find in English textbooks and have learned to recognize most of the uniquely English sounds.

そういう方でも、いわば実際の英語と言いましょうか、テキストブックについている英語というよりは、生でネイティブの人と対面して聞くときの英語や、英語学習者向けではなくネイティブ向けに作成されているニュースの英語とか、ドラマの英語とかを聞いたときに、「あれ、意外と聞けない」とショックを受けるときはきっとあると思うんです。
I think that you are sometimes shocked to hear so-called “real” English, not textbook English, but English spoken by native speakers right in front of you, news English targeting native speakers, not English learners, and English in TV shows. You might start to think, “Oh, I can’t understand as much as I expected.”

それは自然なことなので、がっかりするかもしれませんが、そういうものですよ。
You may find it disappointing, but that’s only natural and can’t be helped.

前向きな気持ちでそれに対処していきましょう。
So let’s cope with it positively.

まずは、それを自分の英語を聞き取る力の不足のせいにする前に、他に原因がある可能性を考えておきましょう。
First, before blaming it all on your English comprehension, let’s see if there are other possible causes.

英語を聞き取りたい、聞き取れるようになりたい、という向上心があまりに先行して、「どんな状況でも、英語が流れてきたときにそれが聞き取りきれなかったときにがっかりしてしまう」ようになってしまう方もいらっしゃると思います。(実際私自身もそういう時期がありましたよ。)
I think that some of you have come to feel disappointed, out of too much aspiration to become able to comprehend English by listening, whenever you fail to listen to and understand English.
(Actually I had the same experience for some time.)

たとえば私の場合、日本語の映画を見ていてもせりふを聞き取れないことはしばしばあります。
For example, in my case, I often can’t understand the lines while watching a Japanese movie.

また、日本語の歌を聞いていて、歌詞が聞き取れないことも本当に多いです。
Also, I really often fail to understand the lyrics when listening to Japanese songs.

それに、地下鉄とか居酒屋で会話するときには、ふつうの人のきれいな日本語であっても聞き取れないことがよくあります。
Besides, on subway trains or in izakayas, it is not rare to miss what other people say, even if they speak normally and clearly.

「自分は耳が悪いのだろうか?」と疑ったこともあります。(でもべつに聴力検査などで異常が出たことはありません。正常な聴力があります。)
I once even wondered whether there was something wrong with my ears. (But I have never had abnormal results in hearing tests. My hearing is normal!”

日本語でも聞き取れないのはなぜかと言えば、耳が悪いわけではないとすれば、ボリュームが低いからか、周囲がうるさいからか、その音声がちゃんとはっきりわかりやすく発音されていないか、といった理由が考えられます。
Then, why do I sometimes fail to listen to and understand Japanese? As my hearing is normal, the possible reasons are that the other person is not speaking loud enough, that the environment is noisy, or that they don’t pronounce things properly or clearly.

別に私だけでなく、みなさんも、日本語であっても聞き取れない状況に出くわすことは日々必ずあるはずです。
And it’s not only me. Every day everyone inevitably gets into situations where they fail to listen to and understand some Japanese.

そういう日本語であっても聞き取れないような状況では、英語も当然聞き取れないのです。言い訳ではないですよ。
In those situations, naturally you could never be successful in English either and this is not an excuse.

なので、「英語が聞き取れない!」と思ったときに、「私には英語力がまだまだ不足しているな」と思う前に、「じゃあもし日本語だったら聞き取れた状況なのか?」とまずは疑っておきましょう。
So, when you think “I can’t understand English!”, you should first ask yourself “If it were in Japanese, would I be able to understand?”, before deciding “My English is still so poor”.

日本語であっても聞き取れないような状況なのであれば、英語が聞き取れるはずもないのですから。
If it’s a situation where listening comprehension is a hard task to do even in Japanese, there’s no way you could do it in English.

そういう状況では、英語が聞き取れないのは英語力不足のせい、というわけではないわけです。
In such situations, it’s not because your English is not good enough that you can’t understand English.

さて、「日本語であっても聞き取りがたいだろうな、という状況ではなかった、単純にやっぱり自分には英語の聞き取り力が不足している!」という場合はどうしましょうか?
Well then, what if you think “This is not a situation where I wouldn’t be able to understand even if it were in Japanese. I can’t understand simply because my abilities for listening comprehension are not good enough!”?

その際は一度、繰り返しになりますが英語を言語というよりはただの「音」だと思って、聞くことに集中する、という期間を取るべきです。
In that case, you should take some time to concentrate only on listening, repeating the process of recognizing English as a cluster of sounds, not as a language.

意味を同時に理解しようとせず、また、カタカナに音を置き換えてしまうこともなく、ただ音を聞いて、たまに「今の『あ』っぽい音は cup の u で使われているタイプの『あ』だな、今のはエルじゃなくてアールだな」とか、自分が苦手とする音に関して、明確に聞き分けることを狙っていきます。
You should just concentrate on sounds and sometimes try to clearly distinguish the sounds you are not familiar with, without trying to understand their meaning or equating them with similar katakana sounds, avoiding situations such as: “Oh, this ‘a’-ish sound is the same type of ‘a’ as ‘u’ in ‘cup’, and this is ‘r’, not ‘l’”

その際、リスニング力が弱い人ほど、今勉強している単語よりレベルが低い題材を使ったほうがいい、と一般には言えると思います。
Then, generally speaking, the poorer your listening comprehension is, the better it is to use easier materials than the level of words you are now studying.

全部単語の意味は知っているような題材を選んでおきます。
So choose those materials whose words you already know.

例えばNHKラジオの基礎英語シリーズを使えば、レベル別に分かれていますからますます調整しやすいですし、全部とは言わないまでもまずだいたいは知っている単語で構成されているはずです。
For example, if you choose one of NHK’s “Kiso Eigo” radio English programs, it is more adjustable because they come in different levels. Also, most of, if not all, the words that appear in the textbooks should be familiar to you.

中2か中3くらいの学校の教科書を買ってきてしまうのも手だと思います(文部省検定教科書はどの書店でも扱っているという品ではありませんので、地域ごとにある教科書を扱う特殊な書店を探しておく必要はあります。)CD も合わせて販売されている場合がほとんどですしね。
It’s also a good idea to get textbooks for the second or third year of junior high school. They usually come with CDs too. (The textbooks authorized by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology are not sold everywhere. You will need to find special bookstores that handle those textbooks in your local area.)

そういう単語レベルの低い題材を聞き、意味を理解しようとせず、カタカナ発音に置き換えようともせず、音だけに集中して聞き、そうやって音だけに集中した結果、音が聞き取れたために自然と勝手に染み入るように頭に理解される(頭で理解「する」、のではなく、勝手に頭に理解「される」というイメージです)、という状態を目指しましょう。
The ideal state you want to achieve is that, by choosing to listen to materials using easy words and concentrating only on the sounds, the sounds are caught and the meanings are naturally and automatically understood by your brain, as if through infiltration. (The meanings are “automatically understood” by your brain. You don’t try to “actively understand the meanings”.)

意味を理解しよう、話の筋を推測しよう、などとするのは、このときはすべてやめるんです。
For now, stop all your efforts to understand the meanings or guess where the story is going.

音を聞いたら、勝手に意味も入ってくる!これがネイティブの感覚ですよね。
The moment you hear sounds, you automatically get what they mean! This is how native speakers feel.

これを疑似体験しましょう。
Let’s have a simulated experience of this.

特にエルとアールの違い、s(または z)の音と th の音の違い、b と v の違い、h と f の違い、そして、カタカナにすると「ア」になってしまう cup の「ア」と tap の「ア」の違いに習熟し、慣れ親しんでおくと相当楽になることでしょう。
It will be much to your benefit if you become familiar with the differences between such sounds as l and r, s (or z) and th, b and v, h and f, and “a” in cup and “a” in tap, which are both “a” in katakana.

でも逆に、単語のレベルが低いと、意味がわかってしまうだけに、意味を取ることに気が行ってしまうという方もいらっしゃるかも知れません。
But listening to low-level words might have an adverse effect of directing your attention more towards grasping their meanings, because those words are so easy.

もしそう感じる人は、意味がとりにくい、むずかしめのもの、例えば BBC とか CNN とかの、ニュースまたはトーク番組を試してみるといいでしょう。
If that’s the case with you, you could try something more difficult to understand, for example, news programs or talk shows on BBC or CNN.

意味よりは音にぐっと集中しやすくなるはずです。
It will be a lot easier to concentrate on the sounds than on the meanings.

しかしこれはこれで、レベルによっては難しすぎて、音を拾うと同時に意味が染み透ってくるようにして理解できるという感覚は得にくいかもしれませんので、いくつかのサイトをみて自分にとってちょうどいい負荷をかけていきましょう。
But this also has its disadvantage. It may be more difficult to feel that, as soon as you hear the sounds, their meanings flow into your head as if they infiltrated it. So check several websites and find those which put just the right amount of stress on your brain.

サブコンテンツ

このページの先頭へ