ライティングを効果的に学習する方法

 添削が重要ではないと言いたいわけではありませんが、添削をしてもらう段階以前に、十分やっておきたい作業があるのです。
It’s not that I’m trying to say that getting corrected is not important. I’m just saying that there is one thing you should take enough time to do before that.

それは、正しい英語表現のまねをする、ということです。
Which is, imitating correct English expressions.

ネイティブの幼児が英語を学んでいく際、(日本の幼児が日本語を学んでいく際でも同じことですが)どうやって表現を増やしていくかと言えば、誰でも想像すればわかるように、周りの大人がしゃべっているのをひたすら聞きまくり、それをまねすることによって、です。
When native speakers’ children learn English (the same goes for Japanese children learning Japanese), how do they increase their stock of expressions? As is easy for anyone to imagine, the answer is by single-mindedly listening to what the adults around them are saying and imitating their ways of speaking.

その方法の最大の利点は、日本語からの勝手な連想によるずれが起こりにくい、ということです。
The greatest advantage of that way of learning is that it prevents you from making mistakes or using the wrong expressions, by analogy with Japanese.

例えば、「昨日いい夢を見た」を英語に直そうというときに、日本語では夢は「見る」ものですから、英語にするときに間違えて see を使ってしまう人が出てきてしまうわけです。
For example, if you want to translate “Kino ii yume wo mita” into English, you may mistakenly use “see” in English misled by the fact that in Japanese you say you “see” a dream.

しかし英語では実際は see は使わずに、have を使うわけです。
But in English in fact, you use “have”, instead of “see”.

「昨日いい夢を見た」であれば、I had a good dream yesterday. などと言います。
One way to say “Kino ii yume wo mita” in English is “I had a good dream yesterday.”

ではなぜネイティブの幼児が、こんな see でも have でも(少なくとも日本人から見れば)よさそうなものを、have を使うのが正しいのだ、と学習することができるかと言えば、周りの大人たちが誰一人として see a dream なんていう言い方をせず、みな have a dream という言い方ばかりをしているのを聞いて学んでいるからです。
Then, how can native children learn that “have” is correct in this case, even though it doesn’t seem to make a difference (at least from a Japanese point of view) if you use “see” or “have”? The answer is by listening to the adults around them say only “have a dream” and so they know that no one says “see a dream”.

周りの人のしゃべり方を正しいものと思って取り入れているだけです。
They simply absorb as correct the way people around them speak.

実際、変な仮定ではありますが、その幼児の周りの大人がことごとく間違えて see a dream という言い方ばかりしていたとしたら、間違いなくその幼児も see a dream という間違った英語を学習することになります。
This may sound unrealistic, but if children were surrounded by adults who always mistakenly said “see a dream”, then those children would definitely learn to use the incorrect phrase, “see a dream”.

このように、英語の表現をよく知らない段階で非常に有効なライティング(スピーキングの場合にも当てはまりますが)の学習法は、とにかくすでに使われている正しい英語表現や英語のフレーズをそのままパクることです。
Thus, a very effective way to learn how to write (and how to speak as well) when you are not familiar with many English expressions is to borrow correct English expressions and phrases as they are actually used.

最初の頃は自分で見たことも聞いたこともない表現や構文を作るのを避けて、自然な言い方を受け入れて、パクリまくることです。
While you are a beginner, you should avoid making phrases or structures you have never seen or heard before. Instead, you should absorb and borrow natural expressions.

オリジナリティを発揮するとしても、まずはインプットという作業をやりぬいた後の話であって、その作業をきちんとやる前にオリジナリティを発揮しようとすれば、それは単に間違った英語を書いて、それで英語が書けたような気分だけを味わって終わってしまうことでしょう。
If you want to display originality, it has to be after the inputting process. If you tried to display originality before properly finishing that process, you would just end up writing incorrect English, feeling satisfied that you were able to write English.

↑がっかりしました(笑)?でも、何度も言ってますけどインプット以上のアウトプットはないですから。
↑Are you disappointed now? But as I’ve told you many times, you can’t output what you haven’t input.

私のメソッドですと、このインプットの部分がすごく効率的になるのです。だってあなたは耳から勉強できるのですから。
By my method, this inputting process can be done very efficiently, because you can learn by ear.

よく「英作文は英借文(えいしゃくぶん)である」という言い方がされることがありますが、実際その通りです。
If is often said that “English composition is all about borrowing”, which is exactly right.

私の受験生時代に受験参考書コーナーに並んでいた大手予備校の英作文の参考書にも、「入試
英作文は英借文でしかない」とタイトルにばしっと書いている本がありました。
I once found, in the entrance exam reference books corner of a bookstore, a reference book for English composition published by one of the leading cram schools, which declared in its title, “The English composition required in college entrance exams is just about how to borrow English phrases”.

ですので、ライティングの基本は、正しい英語の表現や構文を真似ること、そして、添削という過程が必要になってくるのは、その後ということになります。
So, the most basic thing to do in learning how to write English is to imitate correct English expressions and structures, and the process of correction only becomes necessary after that.

その添削にしても、まねる作業がちゃんとうまくできているかどうかをチェックする、というのが本来の目的となります。
Even at that correction stage, the principal purpose is to check whether you have imitated well enough.

中には、まねる練習を十分にせずに、その時点での不十分な英語の知識でもってなんとか単語をつなぎあわせて英語の文にしてみました、というのが見え見えの英作文をたくさん書いて、「今日もたくさん英作文の練習をした」と充実感を感じている、よろしくない習慣を持ってしまっている方もいるかもしれません。
Some of you might have the undesirable habit of writing a lot of sentences in English, patching together the limited words available within your limited knowledge of English, and finding a false sense of achievement in it, thinking, “I did a lot of English composition practice today too.”

そしてそういう人に限って、「こういう言い方はふつうしません。こっちのほうがずっと自然ですよ」と添削者が説明したとしても、「え~、でもこれでも意味通じるでしょ?ならいいでしょ?」と言って、ひたすら自分の書いたものでもOKだと言ってもらいたがるものです。
And it is very typical of those students to try to have their compositions accepted. Even if the corrector explains, “In English, you don’t usually say this. It’s much more natural to say this”, they often say, “Oh, but doesn’t this make sense too? Then isn’t it all right?”

じゃあ何で見せにくんのよ、と(笑)。
Then what’s the point of getting your English corrected?

これだとそこで止まってしまいます。
This attitude gets you nowhere.

日本語で考えてみてください。
Let’s imagine a case of learning Japanese.

外国人の人が日本語ができるようになりたいと思って、文章で使うようなきちっとした日本語と、会話用の話し言葉の両方を勉強しているとします。
Let’s say, there is a foreign person who wants to improve his or her Japanese, and is studying both formal written Japanese and informal spoken Japanese

その人が会話の中で、「私は食物(しょくもつ)を食べることが好きです。」と言ったとします。
The person says, “watashi wa syokumotsu wo taberu koto ga suki desu.”

これを聞いて、おそらくみなさんは、例えば「ああ、この人はちゃんと一生懸命日本語を勉強したんだろうなあ。ちゃんとわけのわかる文を日本語で作ることができているよ。意味もちゃんとわかるし。でも不自然で変な言い方になっちゃってるなあ」と思うでしょう。
When you hear this, you will think, for example, “Oh, this guy must have studied Japanese very seriously. He can make Japanese sentences that make sense. I don’t have any trouble understanding him. But this is an unnatural and strange sentence.”

そこでちょっとアドバイスをしてあげようと思い、あなたがその外国の人に「あのね、それでももちろん意味は通じるし、言いたいこともわかるんだけど、でも会話では食物(しょくもつ)っていう言い方はしないのね。同じ意味なんだけど、でも食べ物(たべもの)と言うほうがずっとふつうなんだ。で、「食べることが好き」という言い方はとても正しいのだけれど、会話では「食べるのが好き」という言い方のほうがふつうだよ。」などと説明してあげたとしましょう。
You may want to give him some advice, so you explain to him, “Well, you can make yourself understood by that and I do understand what you want to say, but in conversation, you don’t say ‘syokumotsu’. It’s much more common to say ‘tabemono’ instead, though they mean the same thing. Also, ‘taberu koto ga suki’ has no errors at all, but in conversation, you usually say ‘taberu noga suki’ ”.

英語で多かれ少なかれ苦労しているみなさんですから、日本語で苦労している外国の人にも自然と同情というか仲間意識を感じたとしておかしくありません。
As you have all experienced more difficulty in studying English, or less difficulty in studying English, it is only natural if you feel sympathy and empathy for foreign people who are having difficulty studying Japanese.

しかし、ひょっとしたら相手の外国の人は、「でも自分の日本語でも通じてるジャン。通じりゃOKでしょうに。うるさいなあ。」と思うかもしれません。
But they might feel, “Well, as long as you can understand my Japanese, it’s no problem, right?
Don’t nag me.”

そういう外人さんは、日本語を学ぶ向上心がないですし、おそらくは向上しなければいけない理由もそもそもないのかもしれません。
Then that shows that they are not motivated to improve their Japanese, and they probably have no reason why they have to improve it.

この日本語での例で私がお伝えしたかったことは、あなた自身が、英語をどれだけ学びたい気持ちが強いのか、英語力を伸ばしたいという向上心があるのか、または向上させなくてはならない理由があるのか、というのをきちんと常に意識していていただきたい、ということです。
What I’d like to tell you through this Japanese example is that it is important to always bear in mind how much you want to study English, and how seriously you want (or have reasons) to, improve your English.

本当に英語を学びたい、伸ばしたいという気持ちが強い人であれば、「まずは自分の勝手な判断を持ち込まず、自然で正しい表現・構文をまずは吸収しまくろう!誰か英語ができる人に添削をしてもらうときは、自分の表現が正しいということを認めてもらいに行くのではなく、たとえ自分の表現がいちおう意味が通じるものになっていたとしても、それよりももっといい表現や構文を積極的に教わっていこう!」というふうに思って日々学習するものです。
People who are truly eager to study English and improve their English would study every day, thinking, “First, I’ll refrain from judging on my own and absorb natural and correct expressions and structures as hard as I can. When I ask someone good at English to correct my English, I won’t try to make them admit that my expressions are OK. Instead, I’ll try to eagerly learn better expressions and structures from them, even if my expressions are at least good enough to be understood.”

これは、私自身が今でももっているライティングの学習の際の基本姿勢でもあります。
This is the basic attitude I have adopted in studying English writing too.

もう一つの大切なコツとしては a や will などの基本的な文法でミスりまくる方も非常に多いですので、常に一度書いた場合は見直してください。
Another important tip is to always look at what you write again, since many people make mistakes in basic grammar points such as how to use “a” and “will”.

こういった問題もパクリまくっていると全然起こりません。なぜなら正しい文章を知っているからです。
By trying to imitate completely, you can completely avoid these problems, because all you have stored in your brain is correct English.

ただ現実的には、すべてを覚えた文章やそのバリエーションだけで書くのは難しいので、そういう初歩ミスはやめてね、ということです。
But realistically, I admit that it is difficult to write based only on the sentences you have remembered and the variations of those sentences. So what I’m saying is that those basic mistakes should at least be avoided.

ぜひ心に留めておいてくださいね。
These things are what I’d like you to bear in mind.

サブコンテンツ

このページの先頭へ