書いた英語表現が正しいの正しくないの?無料で調べる方法

検索エンジンGOOGLE エンジンGOOGLEを使って、ネイティブからアンケートを取る
Carry out a survey and get answers from native speakers with the search engine Google

英作文対策を自分ひとりでやるときに、どうやって、「この表現はネイティブが実際使うものだからOK、これは不自然なものだからダメ」、というふうに判断すればいいのでしょうか?
When you study alone to get prepared for English composition exams, how do you think you should distinguish correct, natural expressions native speakers would actually use from incorrect, unnatural ones?

たとえば、「もっと自然を感じられる場所に将来は家を買いたいんだ」ということを英語でどうやって言おうかな?と考えていて、「『自然を感じる』は”feel nature”って言っていいのかなあ?」と疑問に思ったとします。
For example, suppose you don’t know how to say in English, “motto shizen wo kanjirareru basyo ni syourai wa ie wo kaitainda”. You wonder, “Is it OK to say “feel nature” to mean “shizen wo kanjiru”.

英和辞書で feel や nature を引いてみるという手もいちおうありますが、いかんせんそれだけでは掲載されている用例が少なすぎて、参考にはならないでしょう。
One possible solution might be to look up “feel” and “nature” in an English-Japanese dictionary, but it won’t help because there are not enough example sentences.

だって、英和辞書に用例として掲載されていないからと言って、間違っている英語だとは限りませんからね。
After all, you can’t conclude that an English expression is wrong just because it’s not found in the example sentences listed in an English-Japanese dictionary.

じゃあそういう場合はどうやって調べればよいでしょうか?
Now, in this situation, how do you think you can get the answer?

それは、検索エンジンの GOOGLE を使うことです。
The answer is by using the search engine Google.

有名ですのですでに使ってらっしゃる方が多いと思いますが、いちおうホームページアドレスはこちらです。
http://www.google.co.jp/

The website is very famous and many of you may be using it already, but here’s the URL, just in case: http://www.google.co.jp/

feel nature ですが、それらをそのまま入れても、検索エンジンは feel と nature をばらばらに扱ってしまうのですが、“ “ をつけるとそれを防ぐことができます。
If you enter “feel nature” just as they are, search engines handle them separately, but that’s preventable, by adding double quotation marks.

つまり、「”feel nature”」と打つことになります。
So you enter ‘ “feel nature” ’

しかしこれだけだと、feel nature という表現を使ったあらゆるサイトが検索されてしまいます。
But this is not enough because you’ll get all the websites containing the expression “feel nature”.

それの困る点というのは、英語のネイティブ以外の人が書いたサイトも検索対象に入ってしまっている、ということなのです。
The problem is that even those web contents written by non-native speakers will be searched as well.

たとえば、英語で書くのが好きな日本人が、間違った英語で書いているサイトがひっかかったりもするわけです。
For example, an English website whose contents are written in incorrect English by a Japanese person who likes writing in English might be displayed in the search result.

実際、”feel nature”の検索結果を見ると、ドメインが jp だったり、日本語も使われていたりするサイトがちらほらと見つかります。
Actually, if you take a look at the search result of “feel nature”, you can find some websites whose domains are jp or whose languages are both in English and Japanese.

そういう日本のサイトで実際に使われている、というだけでは、正しい英語だと信じる根拠にはまったくならないので、もっと範囲をしぼるためにドメインを指定します。
Finding a certain expression actually used on Japanese websites can never prove that it’s correct English, so what you need to do now is to use the domain search function to limit the target websites.

別にコンピューターの複雑怪奇な話をしているわけではないので安心してください。
Please don’t worry. This is not about some mysterious functions of the computer.

シンプルなのでちょっと慣れればわかります。
Actually, this is something simple and you’ll get used to it in a while.

ドメインを指定する、というのは、たとえばさきほどの”feel nature”の後ろに、「site:uk」というのをつければ、uk ドメイン(uk はイギリスのことです)のサイトだけに範囲をしぼって検索することができます。
You can designate the domain by adding, for example, “site:uk” after “feel nature”. Now you can search only those websites whose domain is uk (uk means the United Kingdom).

「site:us」をつければ、us ドメイン(us はアメリカのことです)のサイトにしぼることができます。「site:au」ならオーストラリアです。
If you add “site:us”, then you get only websites with the us domain. If you add “site:au”, then you get only Australian websites.

こうすることで、かなり本物の英語のネイティブが書いたサイトだけに検索対象がしぼれるわけですが、それでも、厳密にそうだとは言えません。
With this process, you can for the most part limit the target to those web contents written by real native speakers (but not strictly limited to real native speakers).

なぜなら、たとえばuk に関して言うなら、日本人であっても uk ドメインを取得することはできますし、それにuk ドメインの英語サイトだからといって、本当にネイティブが書いたという保証まではありません。
The reason is that, for example, even a Japanese person can get a uk domain and that just being a website with the uk domain doesn’t necessarily guarantee that a native speaker is writing on it.

また、もっと厳しく言うのであれば、たとえネイティブが書いたものであったとしても、正しい英語であるという 100%の保証まではありません。
To be even stricter, even if the website is constructed by a native speaker, it doesn’t necessarily follow that the English on it is correct.

それはちょうど、日本人だからといってつねに正しい言葉遣いで日本語を書いているとは限らない、ということと同じですよね。
This is exactly similar to Japanese people not necessarily writing Japanese with the correct usage of words.

なので、もっと英語の精度を上げた検索をするのであれば、「このサイトならまず確実にまともな英語が使われているに違いない!」と思えるサイトのドメインを入れて検索しましょう。
So, if you want more accuracy in your search, enter a domain name that makes you think, “The English on this website must surely be of good quality!”

たとえば、私はふだん BBC を使っています。
For example, I usually use the BBC’s website.

BBC であれば、「site:bbc.co.uk」をつけて検索することになります。
If you want the BBC, you add “site:bbc.co.uk” and search.

BBC にしている理由は、サイトの規模が大きく、ニュースなどで使われるような堅い英語から、子供向けのやわらかい英語まで広くカバーしているらです。
The reason why I choose the BBC is that it’s enormous in size and covers the wide variety of English, from easy English for kids to formal English for news.

でも中には、BBC だとイギリス英語だし、そうじゃなくてアメリカのサイトがいい、という方もいらっしゃることでしょう。
But some of you may want American websites instead of British English on BBC.

であれば、自分の好みに合わせて、CNN でも TIME でもなんでも、有名どころのサイトをドメイン指定して検索してみてはいかがでしょうか。
Then, you can search by designating such famous domains as CNN’s and Time’s, depending on your tastes.

こうやってサイトを1つに限定することにもデメリットはあります。
But there is a disadvantage in designating one domain.

それは、検索される対象となる文章量がかなり少なくなってしまうので、たとえ本当はネイティブも使う正しい表現であったとしても、たまたま BBC なり CNN なり、調べる対象にしたサイト内では使われていなかったために、検索に引っかからない、という場合がありえるからです。
As the amount of writing targeted by a search considerably reduces, it is possible that you don’t get an expression in the search result even though it is a correct expression actually used by native speakers, just because the target website happens to carry no such expression, be it BBC or CNN,

しかし、そうだとしてもそのデメリットはメリットに比べればごく小さなものです。
Nevertheless, this disadvantage is minuscule compared to the advantages.

デメリットに気づいた上で、検索エンジンの GOOGLE を正しい英語を使うための「英語使用状況アンケート」として使うことで、みなさんの英語の「精度」は間違いなく高まります。
Now that you are aware of the disadvantage, the “accuracy” of your English will definitely improve if you use this search engine Google for the purpose of “carrying out a survey on English usage”,

どうしても添削して欲しい場合もインターネットで安いサービスがたくさんあります。
If you really want to have your English corrected, you could choose from various reasonable service providers you can see on the Internet.

例えば英文添削のリバティですと、訂正の説明はありませんが500円という価格から行えます。
So, for example at Liberty lab, you don’t get explanations for correction, but prices start at 500 yen. http://www.liberty-lab.com/

もし添削の説明を受けたい場合はお金をもう少し払いましょう。
If you want explanations as well, some more money is required.

英文添削の値段も日々変化があるので実際に頼む前に他のサイトと一つ二つ比べて頼んだほうがいいでしょう。
It’d be better if you compared a few websites before ordering, as prices for English proofreading change every day.

スピードもお金を払えば速まったりと、各社さまざまです。
Service varies from company to company. For some, you can get it done sooner by paying more.

基本的に英作文も英会話も誰かが書いたりしゃべったもののパクリだといえるわけですが、違いとしましては英作文はどうしても正確性がより要求されるわけです。
Both English composition and English conversation are basically about borrowing from what other people write and speak, but the difference is that English composition requires more correct

これは文字の性格上しょうがないのです。
This is only natural, considering the purpose of letters.

なぜ書くかといえば記録を残しておく必要があるからです。したがって正確である必要があるわけです。
The reason why you write is that you need to keep a record, and therefore it needs to be correct.

ですので基本的なスタンスとしてはパクって書くのが安いし簡単だし、理にかなっているというわけです。
So in principle, it’s easier, cheaper, and makes more sense to borrow from what others write.

興味のある範囲の記事などで、「あ、このフレーズつかえそう」とおもったら即パクリましょうね。
If you find in anything, any interesting articles or phrases that seem useful, then borrow it immediately.

サブコンテンツ

このページの先頭へ