名詞と副詞の区別はできていますか?go to それともgoのみ?

いつそこに行ったの?
× When did you go to there?
「いつそこに行ったの?」を日本語にするとき、よく、「『そこ』は there で、『に』は to だよな。go to school って言うし。じゃあ When did you go to there? かな」のように考える人がいます。

しかし、go to school とは言えても、go to there とは言えません。理由は簡単です。to は前置詞で、前置詞の後ろには名詞を書く、と決まっているからです。
school は名詞なので to school と言って OK ですが、there は副詞と決まっているので、to there とは言えないのです。前置詞の後ろに副詞を書いてもダメです。
これと同様のことは、here, abroad といった単語についてもいえます。これらも副詞ですので、前置詞の to を前に書くことはありません。
したがって、「ここに来る」、「外国へ行く」はそれぞれ:
○ come here
○ go abroad
と言います。

また、これは前置詞 to に限ったことではなく、in など他の前置詞でも言えることです。
たとえば、「アメリカに住む」であれば、live in America ですが、「外国に住む」であれば、live abroad と言います。前置詞 in は不要です。
ただし、例外はあります。前置詞 from は、後ろに副詞が来ることも許されています。ですので、
○ return from abroad (外国から戻る)
といった言い方は可能ですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ