英語の音を日本語として認識してしまうと英語が上達しない

これから、さらに英語習得に関して掘り下げていきたいと思います。いきなり方法だけを読もうとしちゃだめですよ。
By starting from this question, I’d like to take you deeper down to the core of English learning.
Mind you, don’t just jump to the conclusion!

私たちはみな日本語のネイティブとして育つ中で、日本語を合理的に効率よく聞ける・話せる能力を身に付けてきたわけです。
As we were brought up as native speakers of the Japanese language, we have all acquired the abilities to speak and listen to it effectively and efficiently.

まわりは日本語ばかりなのだから、日本語に適応した能力を身につけることが、まあ大げさな言い方かもしれませんが、生きてくための最優先事項なわけです。
As we are surrounded only by the Japanese language, the development of the abilities to adapt ourselves to it was, though perhaps a bit exaggerated, our first priority for survival.

そして日本語を言語として脳ミソさんは認識するんですね。そうなったあとに他の言語にふれるとどうなるでしょう。
And our dear old brains have come to recognize Japanese as our language. What do you think will happen if we are exposed to other languages after that?

脳は日本語には存在しない音に出会ったとき二つの行動をとります。
The brain reacts in two ways when it perceives sounds that don’t exist in Japanese.

まず絶対使わない音は、雑音として排除してしまいます。脳ミソさんはとてもたくさんの情報を処理しないといけないのでなるべく楽をしたいんですね、人間と同じで。効率的ともいえます。
First, it faces those sounds that are never used, and it simply eliminates them as noise.
As it has to deal with a great deal of information, it wants to take the easiest way possible, just like us. This is efficient in a way.
 

残りの音は日本語の音のどれかに対応させて考えようとしてしまいまです。だって、まわりには日本語しか存在していない環境に適応していくように、脳ができあがってしまっているわけですよ。
It handles the rest of the sounds by equating them with Japanese sounds, because it is already wired to adapt itself to the circumstances where no other languages exist than Japanese.

日本語環境で育ったという前提があるので、たとえ相手がのどが痛かったり、風邪だったり、お年寄りで口がはっきり動かなかったり、外国人でまだ日本語が下手だったりしたときに、どうも「あ」っぽい音が聞こえた場合には、すべて「あ」だといわば翻訳して解釈してしまうことが、非常に効率のいいことなんですね。
Given that we were all brought up in this Japanese environment, it is the most effective thing for us to interpret any sounds that are similar to the Japanese “a” sound as the “a” sound itself, especially when the other person has a sore throat or a fever, is too old to speak clearly, or is a foreign person who is not really good at Japanese yet.

しかし、英語には「あ」っぽい音は3つまたは4つあるんです。そして、それらの音をすべてネイティブの人ははっきりと区別して使っています。
But English has three or four sounds that are similar to Japanese “a” sound and English native speakers draw clear distinctions between them.

それなのに、たまたま私たちの脳は、日本語に対応するためにしか作られていないので、日本語でコミュニケーションするときにもっとも効率のよい判断、つまり、「それらの音は全部日本語の『あ』と言いたかったものに違いない、ただ、外人だから本当は『あ』と言いたかったのに、それをへたくそにいい損ねてしまっただけに違いない」というくらいに強引に(笑)、「あ」の音だとしてまとめてしまうわけです。
However, just because our brains are made up to handle only Japanese, they make the most efficient judgments for communication in Japanese only; they classify every single “a”-ish sounds into the Japanese “a”, thinking, ridiculously enough, “These sounds must be meant as ‘a’.
Because they are foreigners, they can’t pronounce “a” properly even when they really want to say ‘a’.”

そうまとめてしまう以外のすべを知らないのだから、しょうがないわけです。そんな日本語のみ適応脳みそで、ただ闇雲に英語に突進しても、効果は上がらないんですね、残念ながら。だって、そこは聞こえないのですから。
This can’t be helped, because they’ve never known any other way. Such a Japanese-only brain gets us nowhere if we just blindly plunge into English. It’s sad but true. We can’t hear those sounds unique to English.

同じようなことが料理でもおこります。
The same is true of food.
 

外国人のかたは日本料理の「だし」を感じることがむずかしいそうです。「なんか知らない味がする気がするな。でも、まあ塩かなんかの味だろ。OK OK」でいたら、一生和食は上手になりませんよね。
I hear foreign people have difficulty sensing the taste of “stock” used in Japanese food.
If they always say, “This is something I’ve never tasted. But this should be salt or something. OK.
OK”, they’ll never learn to appreciate Japanese food.

ですのでまず、脳が自然と英語の「あ」っぽい音をすべて「あ」だととらえてしまう、また日本語にない音声を排除するといったような「無意識」にやってしまっている作業を、「意識」の力で打ち破ることが必要になるわけです。
So first of all, it is necessary to shut down by “conscious” effort the brain’s “unconscious” program that recognizes all the ‘a’-ish sounds as ‘a’ and ignores all the sounds that don’t exist in Japanese

または、打ち破るというほどではないにしても、「少なくとも英語をやるときにだけはそういうことするのやめて!」と一時停止させることくらいはしなくてはいけないわけです。
Or, at least, we have to suspend, if not shut down, the program, saying, “Please don’t do that just when I study English.”

そう、ここでも出てきましたが、私たちは日本語のネイティブということで、いわば日本語の達人なわけですが(少なくとも日本語を学んでいる外国の人から見れば明らかに達人に見えるはずです。)、それだからこそ、すべての言語を日本語の音として「無意識のレベル」でとらえるようになってしまっています。 さきほども述べましたように、慣れてくればくるほど、それは無意識化されていくわけです。
Here arises the problem of us being native speakers and, so to speak, masters of the Japanese language again (At least foreign learners of the language would obviously think of us as masters!),
which makes us recognize every language sound as a Japanese sound “without being conscious of it”. As I wrote just now, the more we get used to it, the more unconscious it becomes.

先ほど言いましたとおり、私たちは音声優先で英語を学習していきたいわけです。
As I wrote before, we want to study English with listening having the priority over
anything else.

ですので英語の音を排除されてしまったり、日本語の音できかれてはこまるわけですね。英語というまったく違う言語に向き合うときには、その無意識のうちに働いてしまっている日本語脳が、かなり邪魔になるわけです。残念ながら。
So English sounds should never be ignored or perceived as Japanese sounds. When we face English, which is a completely different language, our Japanese brains (that work unconsciously)
considerably disturb our learning process

そういう無意識のうちに働いてしまっている日本語脳を打ち破り、日本語という先入観なしに英語の音をもっと素直に聞いていけるようになるためには、無意識の反対である「意識」でもって、意図的な努力でもって、対抗していくしかないわけです。
The only way to shut down those automatic brains and listen to English sounds as they are, without being biased by Japanese sounds, is to act against them with deliberate effort, “consciously”, which is the opposite of unconsciously.


その「意識」的な努力、というのは、具体的には、発音記号という便利な道具を使って、たとえば「あ」っぽい音にしても実は3つか4つはあるんだよ、ということを「目」で確認し、そして CD でもってネイティブの発音を聞いてみることで「耳」で確認していくわけです。
Specifically, the “conscious” effort means using phonetic symbols, realizing by the “eye” the fact that, for instance, English has three or four sounds similar to ‘a’, and checking by the “ear” real CD sounds pronounced by native speakers

そのあと「口」で発音することで、道具として落とし込んでいきます。
Then, by actually using our “mouth” and pronouncing them, we can have a firm grasp of them.

人間は必要とするものしか記憶にとどめておきません。ここでちょっと図で説明しましょう。
We can retain in our mind only those things that we really need. Now, let me show you a figure and explain.


まず人間は脳の中の B という部屋にインプットした情報をいれます。
First, information comes into “Cell B” in the brain.

そしてその中で何度か使われる(アウトプットされる・細い→)と、「これは必要なんだな」と判断して、保存されるわけです(白い太→)。こうなるといつでも取り出し自由になります(⇒)。
Then if the information is used (or is output: narrow line→)several times, the brain classifies it as necessary and stores it (white heavy line←). At this stage, the information can be retrieved freely at any time (as indicated by ⇒).

日本語でしたらまあ何回か B に突っ込むとはいるんですね、少なくとも日本語ですから。それが英語ですともう B に入ることも出来ないわけです。雑音ですから。
If it’s Japanese, we can store information after putting it into “Cell B”. After all, it’s our native language. But when it comes to English, we don’t even allow it in, because it’s just noise.

ですので、まず B に入れるためにここで発音記号などを学ぶわけです。意識してバリアーをはずします。そして何度も発音練習することにより A に入れ、自由に取り出し出来るようにするわけです。
So, to put English sounds into “Cell B”, we now need to study phonetic symbols and try to consciously break down the barrier. Through repeated pronunciation practice, we will put English sounds into “Cell A” so that we can output them whenever we like.

サブコンテンツ

このページの先頭へ