英語の初心者から中級者になるための最短学習方法

レベル0から英語をすばやく学ぶためのヒント
Tips on how to learn English from scratch

さあ、いよいよ初心者のかたのために話していきたいと思います。
Well, now I’m going to talk about what beginners need to do.

「英語を見るのは本当に久しぶりで何も覚えてないわ」という方が一気に中級者になるための最短ルートをお教えします。
For those of you who haven’t studied English for ages and remember almost nothing, I’m going to talk about the shortest route to the intermediate level here.

中級者(一通り文法がわかって辞書があれば英語のサイトを読めるくらいのレベル)になれば、このテキストでお教えしたことがフルに活用できます。
When you become an intermediate learner (someone who knows basic grammar and can read English websites with the help of a dictionary), you can take full advantage of what is written in this textbook.


やっていただきたい手順は以下のとおりです。
The procedure you want to follow is as follows:

まずは英語特有の発音を理解する(発音記号の理解は1日で十分できる)
First, learn the sounds unique to English (One day is enough to learn the phonetic signs)

その後講義形式でやさしい言葉で書いてある文法解説本を一通り読んでおく
Then, read through a textbook that provides grammar lectures in easy terms.

もし今お持ちの文法解説本があればそれで結構です。
If you already have a grammar book, that’s fine.

もしもっていなければ以下がおすすめ図書です:
If you don’t, I recommend these books:

その前に!
But be careful!

教材マニアになってはいけませんよ!一冊持っていれば買わないでくださいね
Don’t be a textbook addict! If you have one, that’s enough!

英文法のトリセツ じっくり基礎編・とことん攻略編・中学レベル完結編

高校の英文法を基本からおさらいする本 イチからやり直し編 一歩前進編

両者ともいい加減な理解にならないよう本質に踏み込んだ説明をしながらも、かなりかみくだいた、初心者の立場に立った説明・語り口です。
Both of them provide proper explanations that penetrate into the essence of grammar and yet use easy terms for beginners.

前者はかなり売れている本なので多くの書店で簡単に目にすることができるでしょう。
The former series are selling quite well, so I guess you can find them in most bookstores.

かといって後者の内容が劣るわけではないと思います。
But that doesn’t mean that the latter series are not as good.

好みの問題で選べばいいと思います。
You can choose whichever you like.

もっと「勉強」っぽい感じの強い本の方がいい、という方であれば、英文法書の「フォレスト」にトライする手もあります。
If you prefer a more “textbook-looking” textbook, you could try reading an English grammar book called, “Forest”.

これは本当に「文法書」という感じのどっしりした本で辞書がわりに使いますが、気合でやりきる生徒さんもいます。
This looks like a typical grammar book and you usually use it like you use a dictionary, but some students who are really motivated succeed in reading from cover to cover.

高校生さんですと受験で尻に火がついてますのでがんばったりする人もいますが、別にこれを強く勧めるわけではありません。
In the case of high school students, who can’t put off their exams and have to buckle down, that will sometimes be possible, but I don’t strongly recommend this way.

むしろ文法オタクになる危険性がありますので男性はやめといたほうがいいかもしれません。
Especially for men, it might be better not to do this, because they may become obsessed with grammar.

「文法なんてめんどくさい、やってられない」と言う人は多いですが、本来文法を学ぶというのは「近道」なんですよ。
Many people say they couldn’t be bothered studying grammar, but the truth is that grammar is a short cut.

だって、規則を知らなかったら、英語だけでなく、車の運転もスポーツも仕事も、もうありとあらゆるものができないですよね。
Just imagine. If you didn’t know any rules, wouldn’t you be totally at a loss about what to do; not only with English but also with driving, sports, work and everything else?

サッカーでいきなり手を使ってもいいよといわれたら困りませんか?
If you were suddenly allowed to use your hands in soccer, you wouldn’t know what to do, right?

日本語で「昨日渋谷にいった」が急に「明日渋谷にいった」とか「昨日渋谷にいく」とかなったら困るでしょう?
If you were suddenly told to say “Ashita Shibuya ni itta” or “Kino Shibuya ni iku” instead of “Kino Shibuya ni itta”, you would be at a loss, right?

英語の文法書はいわば取り扱い説明書です。
English grammar books are, so to speak, user guides.

それを見て、まず規則をだいたい知ってしまったほうが早いんです。
It’s quicker if you read them and learn the basic rules.

つまりビデオを買ってきて説明書に「録画方法:録画をするにはこのボタンをおしてください」と書いてあるのと同じで「仮定法:もしも・・・という話し方をするとき英語ではこういう風にいいます」と書いてあるのが文法書です。
Just as a VCR’s user guide says, “How to record: push this button in order to record”, so a grammar book explains, “Subjunctive: when you talk about unreal possibilities, you use these sentence structures”.


ネイティブスピーカーみたいに、ひたすら英語にどっぷりつかって、規則だと意識もせずに規則を学び取ってしまう方法だと、すごくナチュラルな話し方はできるようになりますが、それでも数年かかっているわけです。
If you learn like native speakers, who are always immersed in English and absorb the rules without even being conscious that they are rules, you’ll be able to speak English very naturally, but it’ll take years.

第一私たちは英語に囲まれてないじゃないですか。
And in the first place, we are not surrounded by English.

ですので、まず休日1日か2日つぶして、真剣に上記のようなわかりやすい文法書を読んで、英語の規則のおおまかな輪郭をつかんだほうが絶対早いです。楽です。
So, it’s definitely quicker and easier if you spend one or two of your days off seriously reading a grammar book like the ones I mentioned above, to get a rough idea of English rules.

これは皆さんから納得していただいております。
None of my students has argued against this so far.

ただ、みなさんは英語の学者や先生になるわけではないので、超こまかく文法にこだわって、なんでも文法的に理解しなきゃいけないわけではないんですね。
But I’m not saying that you should pay attention to minute details and understand everything in terms of grammar, because it’s not that you are going to become a scholar or a teacher.

ですので一度一気に読んでしまって(別に数日にわけてもいいですが)、あとは、会話的な英語題材を CD で聞いて発音練習に入りましょう。そしてあとでわからなくなったら調べてみるわけです。
So, after finishing a textbook once in a single sitting (it’s ok if it takes several days), you can start listening to conversational English on CDs and practicing pronunciation. If you find something you are not sure of, then you should look it up.

最初のうちは必ず CD 付き(または何かしらの形で音声が聞ける形のもの。ラジオ放送でもよいです)で、かつ、必ず音声を文字化したもの(スクリプトと言います)がついているものを選びましょう。
For the moment, it’s better to use materials that come with CDs (or provide the sound in one way or another. English radio programs are fine too) and with all the sentences in the CDs written down (those sentences are called scripts).

ふつうに市販されている CD 付英語教材であれば、まず確実に CD のスクリプトは付いているものです。
Generally, English CD materials you can find in bookstores come with scripts.

また、ラジオ放送であれば、書店でテキストを買えば、そこに放送された英文は掲載されています。
Also, the textbooks for English radio programs provide the scripts of what they broadcast.

または中学の教科書を使う手もあります。
Or else, you could use an official textbook for junior high school.

教科書は一部の指定書店で販売されています。
Official textbooks are sold in designated bookstores.

教科書の英文を吹き込んだ CD は同時に購入しましょう。
You should buy the CDs that record the sentences in the textbook too.

あと教科書を解説した教科書ガイドも購入しておきましょう。そうでないと日本語訳がわかりませんから。
It’s useful to buy the guidebook for the textbook as well, which provides the explanations and answers. Otherwise, you won’t get the Japanese translation.

ただしこれですと今までの勉強方法に戻ってしまうおそれがありますので、市販の会話形式のものが音声優先で行くにはいいかもしれません。
But this way, there may be a risk of falling back into your old learning style, so, in order to give the first priority to the English sounds, it might be better to use a conversation textbook you can find in ordinary bookstores.

このあたりは好き嫌いや個人の目的によって違いがありますので、自分の好きなものを選んでください。
You can choose the one that you think is good for you, depending on your tastes and purposes.

「自分で調べてくださいということが結構多いな」と思ったかもしれませんね。
You might feel, “Oh, there’s quite a lot of things I have to check for myself.”

これは「魚の釣り方」をお教えしたいからです。
This is because I’d like you to learn “how to fish”.

魚を与えても食べたらおしまいですが、とり方さえわかれば何度でも魚は手に入りますから。
If I give you a fish, it’s over once you eat it, but if you know how to fish, you can catch fish any time.

最終的に個人の趣味や興味は千差万別になってしまいますので、初めから慣れていただいたほうが良いかなと思っています(とはいってもちゃんと例は挙げているので平気だと思いますが)。
After all, different people have different tastes and interests, so I assume it’s better to get used to that from the beginning (but I’ve given you some examples, so I think you are all right).

まずは CD 付でスクリプトがついているものの中から選んで欲しいというわけです。
First, I’d like to ask you to choose from the textbooks that come with CDs and their scripts.

あなたがご自身で選んだ教材がいちばんモチベーションが高まりますからね。
The textbook of your own choosing will boost your motivation the most.

ここで文法マニアにならないでくださいね。
Here, be careful not to be too much into grammar.

英語はスポーツですよ!ルールがわかったらプレイ がわかったらプレイしましょう!
English is a sport. After learning its rules, let’s play!

意味も仕組みもわかるその英文をリスニングしましょう!声に出しましょう!ネイティブの感覚を疑似体験しましょう!
After learning the meanings and structures of some English sentences, let’s listen to them! Let’s read them aloud! Let’s have a virtual experience of the world of native speakers.

何回も体にしみつけましょう。アタマに(文法的に)考えさせちゃだめですよ。体に反応させてください。
Practice repeatedly until they become part of you. Don’t let your brain think (grammatically). Let your body feel.

こういうと「矛盾してるじゃないですか先生!なら最初から文法やらなければよかったのに!」と怒る方もいらっしゃいますが、こういうことです。
When I say this, some people get angry and say, “You are being inconsistent! Then what’s the point of studying grammar?” OK, I’ll explain.

皆さん鉄棒をやるときに補助台って使いましたよね。逆上がりとかの時に使うアレです。
I guess everyone remembers using a stand when you exercised on horizontal bars, something that helped you do a forward upward flip.

最初のうちはあれが必要かもしれませんが、だんだん慣れてくるとなくても平気ですよね。体に染み付いてきますから。
At first you may need the stand, but after you get used to the move, you can do without it, because that has become a natural part of you.

自転車をはじめて練習したときの後ろで押しててくれてたお父さんでもいいんですよ(笑)。
The same is true of your father, who used to support you from behind when you practiced riding a bicycle.

自分に感覚が染み付いてしまえば必要ないですが、最初はそれがないとつらいですよね。
After you’ve got the hang of it, you didn’t need the support, but at first, it would have been very difficult without it.

サブコンテンツ

このページの先頭へ